必要なくなったものは買取ってもらいましょう│タブレットも対象です

メンズ

作業の流れを把握しよう

港

初めて廃船処理をするという方は、どのような流れで処理が行なわれるのか不安に感じている方は多いと思います。そのような方は、当日の流れを知っておくことで安心して業者に任せることができます。基本的に、所有する船を業者まで売りに行く必要はありません。船は重量があるので、自分で持っていくのは大変です。そのため、業者は船がある場所まで廃船処理に来てくれます。船を海から陸に持っていくときは、大きさにもよりますが、クレーンを使用します。クレーンで船を持ち上げて、陸に置くという流れです。業者は特殊な機材を用いてそれを持ち上げてくれるので、安心して任せてみましょう。もし、この作業中に業者側のトラブルで船に傷がついてしまった場合、保障してくれる廃船処理業者も多いので、どのようなサービスをしているのか調べておくことが大切です。海上から回収された船は、大型トラックに乗せて運ばれます。トラックの大きさは様々なので、船に合わせた大きさのものを使用します。しかし、サイズが大きすぎてトラックに入りきらないものもあります。その場合は、その場で切断するようです。基本的には入りきらない部分だけを切断するので、長くて数メートルの切断になります。しかし、そもそも長くて大きな船は切断しただけでは、トラックで運べる大きさになりません。そのような船は、重機を導入してその場で解体するようにしています。細かく分解することで、トラックに乗せることができるのです。トラックへの積載が完了すると解体場に向かって、そこで本格的な廃船処理が始まります。